読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑食エンジニアのひとりごと

いろんな分野に興味がある初心者エンジニアのひとりごとです。主に、学んだことややってみたことなどを記録しておくための備忘録です。

IoTLTでわくわくした話をしてきました

6月29日にIoTLTでLTさせて頂きました!

iotlt.connpass.com

1週間くらい経ちましたが、忘れそうなので思った事をまとめておきたいと思います。

 
資料はこちら↓
 閲覧数が360越えでびっくりしてます。。。
 
IoTLTは数回参加していたのですが、今回は特にビジネス色強いなと感じた回だったので、焦りつつも初心者らしいLTをしてきました!
 

なぜLTをしたのか

いかにも初心者といったLTをしたいと思っていたのですが、その理由は「ハードルを下げたい」というのが1番大きいです。
箇条書きにするなら、
1. 一般枠(聞く側)でせっかく参加しても、固有名詞がわからなかったり、そもそも基本的な知識がないせいで話がよくわからないし、とりあえず「皆さん凄いなー難しいなー」という印象しか持てない。という状況に陥ることが多かった。
2.懇親会で周りの人と話してみると意外と初心者仲間が多い。エンジニアじゃない方もそこそこいる。
3.自分の理解を深めるため。
といった感じです。
 
 

LTしてみて思った事

今回はぱっと見、「IoT結構知ってます!」風な方が多いように感じたので、最初の方に「Lチカした事ない方はいますか?」みたいな事を聞いたのですが、手を挙げていたのが1人だったので結構焦りました。
 
が!いざLT終わって懇親会になると、
・「Lチカって何ですか?」ってレベルの初心者です!という方
・いつもIoTの記事とかは読むけど実は触った事はなくて〜という方
・Aruduinoってなんですか?基盤とか分からないです。。。という方
・Lチカから先はやった事ないんですよね〜という方
などなど、様々な方が話しかけてきて下さりました!ほっとしたし、嬉しかったです!
 
前回までの私がそうだったように、「自分は初心者だ」とか「わからん。。。」と思っている人は一定数は居て、一歩踏み出すきっかけが欲しい人はいるんだと感じました。
また、そういう人は自分と状況が近そうな人に声を掛けやすいのかなと思いました。
変に格好つけずに、失敗した話も盛り込んでよかったです。笑
 
 

まとめ

今回私のLTを聞いて、「何か作ってみたいと思った!」「IoT入門してみたいと思った!」と言って下さった事が何よりも嬉しかったです。
やっぱり私は、自分が話すことで誰かの背中を少し押すことができる、あるいは一緒に一歩踏み出すことができる、みたいな人を目指したいなと改めて実感した1日でした。
 
 
まとまってない感はあるけどおしまい!